<< 一覧に戻る

海外文献紹介

臨床 肺高血圧症に対する肺移植における心肺サポート

安樂真樹

Pulmonary Hypertension Update Vol.5 No.2, 66-67, 2019

肺高血圧症(PH)の肺移植を行う際,従来使用されてきた人工心肺ではなく,extracorporeal membrane oxygenation(ECMO)の使用が標準的になりつつある。その主な理由は,ECMOが人工心肺に比べてよりマイルドな抗凝固療法で行えることから出血量が少なく,そのため輸血使用量が少なくて済むことが挙げられる。しかしECMOの送脱血部位,すなわち胸腔内で送脱血を行うcentral cannulationと,鼠径部からの送脱血を行うperipheral cannulationのどちらが優れているのかは明確にされていない。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る