<< 検索結果に戻る

circulating DNA

CANCER BOARD of the BREAST Vol.1 No.1, 67, 2015

血清・血漿中に遊離核酸(DNA)が存在し,circulating DNA,cell free DNA(cfDNA),あるいはcirculating tumor DNA(ctDNA)と呼ばれる。同一患者の正常,腫瘍細胞のDNA,cfDNAをSNPアレイ等により比較すると,腫瘍DNAとcfDNAには共通する特徴が示され,cfDNAには腫瘍細胞の特徴が反映されると考えられる。cfDNAを用いて体細胞変異,コピー数変動,メチル化などのエピジェネティックな異常,マイクロサテライト等の解析が行われている。体細胞変異解析には高感度PCR法のほか,デジタルPCR,次世代シーケンサーを用いる。cf DNAと腫瘍サンプルの一致率は報告によりさまざまである。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録