<< 一覧に戻る

Psychiatric Lecture

治療 精神疾患治療におけるニューロフィードバック療法

茂木智和

精神科臨床 Legato Vol.8 No.1, 32-36, 2022

近年,機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いたニューロフィードバックの精神疾患治療への応用が進んでいる。さまざまな疾患において,症状の軽減や機能の改善など,治療的な効果を認める結果も数多く報告されている。非侵襲的に脳機能を健常方向に変更し,治療効果を示すfMRIニューロフィードバックは新規治療法として有望である。
「KEY WORDS」fMRIニューロフィードバック,結合ニューロフィードバック,バイオマーカー,安静時機能結合

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る