<< 一覧に戻る

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス

Column Radiation colitis,Tuberculosisと大腸癌

西上隆之伊藤敬西井真大内佐智子藤澤貴史奥山祐右

大腸がんperspective Vol.4 No.1, 11-12, 2018

症例は60歳代女性。既往歴として20年前に子宮頸癌で50GyのX線外照射を受けている。今回血便が持続するため注腸造影検査施行。直腸に不整な狭窄像を認めたため,大腸内視鏡検査施行。直腸に大きな腫瘤の形成は認めなかったが,一部に低い隆起性病変がみられた。色素撒布施行後,病変が明らかになった。組織学的には,核異型はやや弱いが,構造異型がみられ腺癌と診断した。病理組織像はadenoma-carcinoma sequenceでみられる大腸癌とは組織像をやや異にしていた。またp53の免疫染色では腺管のほぼ全周の核に過剰発現がみられた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る