<< 一覧に戻る

大腸癌の内視鏡Up-to-date

BLI(Blue laser imaging)とNBI(Narrow band imaging)の相違と類似性

吉田直久小木曽聖村上貴彬廣瀬亮平内藤裕二

大腸がんperspective Vol.3 No.2, 52-57, 2016

「はじめに」消化器内視鏡は,以前よりハロゲンランプやキセノンランプを光源として用いて行われてきた。2012年に富士フイルム社より消化器内視鏡として世界で初めてレーザー光源を用いた内視鏡システムが発表された。狭帯域光観察としては代表的なものとしてオリンパス社のNBI(Narrow band imaging)があげられるが,一方で富士フイルム社のレーザー内視鏡システムではBLI(Blue laser imaging)やLCI(Linked color imaging)が可能である。狭帯域光観察を用いることで白色光(WL)では診断し得ないより精密な拡大診断が可能となったり,腫瘍の発見がしやすくなることが期待されている。本稿ではその原理・性能および実臨床における手技を含めて詳説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る