<< 一覧に戻る

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス

リンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣(EX)のアトラス

上野秀樹望月英隆落合淳志池上雅博山田一隆白水和雄亀岡信悟九嶋亮治高橋慶一味岡洋一正木忠彦大倉康男長谷和生河内洋岩屋啓一和田了久須美貴哉中村好宏

大腸がんperspective Vol.2 No.1, 4-10, 2015

今回のテーマは,「リンパ節構造のない壁外非連続性癌進展病巣(EX)のアトラス」である。大腸癌取扱い規約第8版(2013年7月)の7.2.7に,切除標本の取扱いに関する病理学的な規約として記載されている。この記載と7.2.2に書かれている壁深達度との係わり合いが難しい。図20から27にかけて色々な侵襲とEXあるいは,tumor nodule(ND)が説明されているが,理解が難しいという意見がある。32ページに参考資料としてEXの診断フローチャートが示されているが,これを正確に病理診断記載として評価しているとはいえないのが現状である。この参考資料はEXを理解する上で重要な資料といえる。文章だけではなかなか解りにくい。今回も診断フローチャート(図2)として示されている。このフローチャートを見ながらEXとstageや病理記載のコツを理解していただければこのアトラスが生きると思われる。規約第8版の記載を補足するのが目的である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る