<< 一覧に戻る

THEME 重症脳梗塞の急性期治療(心原性脳塞栓症を中心に) Special Articles

脳梗塞急性期の抗凝固療法(DOACの活用)

河野浩之

Cardio-Coagulation Vol.6 No.1, 27-33, 2019

脳梗塞急性期に抗凝固療法を開始することは,ガイドラインで推奨されていない。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が登場して以降,非弁膜症性心房細動を有する脳梗塞症例に対して,急性期から抗凝固療法を有効かつ安全に開始できると報告されるようになってきた。ただし,軽症~中等症の脳梗塞を対象にした報告であり,重症例に急性期から抗凝固療法を開始してよいかどうかという問題については結論が得られていない。
「KEY WORDS」DOAC,脳梗塞,急性期,重症度,早期開始

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る