<< 一覧に戻る

THEME カテーテルインターベンション合併心房細動における抗凝固療法 Round Table Discussion

カテーテルインターベンション合併心房細動における抗凝固療法

清水渉上妻謙山根禎一相庭武司

Cardio-Coagulation Vol.5 No.4, 6-14, 2018

2011年以降,4種類の直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)が相次いで臨床応用されるなか,急性冠症候群や待機的経皮的冠動脈形成術を合併した心房細動に対する抗凝固療法,あるいは心房細動のカテーテルアブレーション周術期における抗凝固療法について,大規模な無作為化比較試験の結果が明らかになるにつれ,ワルファリンもDOACも休薬しないのが基本となるなど,大きく様変わりしてきた。その流れは消化器領域の内視鏡検査・治療においても循環器領域のデバイス手術においても同様に認められ,近い将来4種類のDOACのエビデンスが揃えば,その使い分けも進むと思われる。本座談会では,『カテーテルインターベンション合併心房細動における抗凝固療法』というテーマのもと各領域のエキスパートの先生方にお集まりいただき,ディスカッションしていただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る