<< 一覧に戻る

特集 アンチエイジングから心房細動を考える

3.運動療法と心房細動

Exercise training and atrial fibrillation

加藤祐子

Anti-aging Science Vol.6 No.3, 106-111, 2014

「Ⅰはじめに」活動的に過ごすことや適度な運動習慣は,加齢という生物学的なプロセスにおいて発症する動脈硬化性疾患や一部のがんなどの罹患率を下げる,という点でアンチエイジングである。日常的な運動が動脈硬化リスクファクターのコントロールを容易にし,心血管疾患を予防し,総死亡をも低下させることは数多くのデータから明らかとなっている。心房細動も加齢に伴い増加する疾患の1つであり(図1) 1)2),40歳未満での心房細動有病率は0.5%であるのに対し65歳以上では5%といわれる。心房細動は脳梗塞のリスクや抗凝固薬投与による出血のリスク,運動耐容能の低下や自覚症状からくるQOLの低下といった副次的な問題を抱える。現在日本では70万人が心房細動を有するとされるが,2050年までに100万人を超えると予測されており,欧米や中国などでも2050年までに現在の2倍以上の心房細動有病数が見込まれ,医療経済的にも大きな問題となりうる1)(図2)。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る