<< 一覧に戻る

Theme 新しいドラッグデリバリーシステムによる抗悪性腫瘍薬 Learn more from previous clinical trial

がん腫に関係なくTMB-HighはPD-1/PD-L1阻害薬のバイオマーカーとなりうるか~KEYNOTE-158試験の結果からの考察~

田中知宏三浦理

がん分子標的治療 Vol.19 No.2, 122-124, 2022

昨今のがん治療においては免疫チェックポイント阻害薬(ICIs)が多くのがん腫で適応を取得しキードラッグの位置づけとなっているが,その有効性を予測するバイオマーカーの開発は重要な課題でありつづけている。実地臨床では腫瘍表面上または免疫細胞上のprogrammed death-1 ligand 1(PD-L1)の発現が非小細胞肺がんや頭頸部がんの領域では用いられているもののいまだ絶対的なバイオマーカーではない1)。Tumor mutational burden(TMB)は後天性に腫瘍細胞に生じた遺伝子変異量を示し,ICIsの新たなバイオマーカーの1つに位置づけられ,本稿ではその有用性について,考察を交えて紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る