<< 一覧に戻る

Learn more from previous clinical trial

非小細胞肺がんの1次治療におけるペムブロリズマブとニボルマブ

相川智美瀬戸貴司

がん分子標的治療 Vol.16 No.1, 75-79, 2018

近年,免疫チェックポイント阻害薬(immune checkpoint inhibitors;ICI)として抗programmed death-1(PD-1)抗体や抗PD-1 ligand(PD-L)1抗体,抗細胞傷害性Tリンパ球抗原(cytotoxic T-lymphocyte antigen;CTLA)-4抗体の開発が目覚ましく,切除不能進行・再発非小細胞肺がんに対しては,抗PD-1抗体であるニボルマブが2015年に,ペムブロリズマブが2016年に保険収載され,治療選択肢はますます広がりをみせている。本稿では,非小細胞肺がんに対する1次治療におけるペムブロリズマブとニボルマブについて,臨床試験結果を交え概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る