<< 一覧に戻る

Cancer biology and new seeds

CDK4/6阻害薬

鈴木栄治

がん分子標的治療 Vol.15 No.4, 68-72, 2017

一般的に,ルミナルタイプ乳がんはホルモン療法により病勢のコントロールが良好である。しかし,一定の割合でホルモン療法への低反応性,抵抗性を示すことが確認されており,これらの病態のメカニズムの解明と臨床的制御が重要な課題である。さまざまなメカニズムが提唱されるなか,ルミナルタイプ乳がんにおけるホルモン療法抵抗性のメカニズムの1つとしてサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6活性に最近注目が集まっている。米国食品医薬品局(FDA)において複数のCDK4/6阻害薬が承認されており,日本においても今後臨床上重要な役割を担うようになることが予想される。本稿では,ルミナルタイプ乳がんにおける治療戦略の新たな選択肢となるCDK4/6阻害薬の基礎的背景,臨床的意義についてまとめる。
「KEY WORDS」ルミナルタイプ乳がん,CDK4/6,細胞周期,ホルモン療法

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る