<< 検索結果に戻る

実地医療としてのがんクリニカルシーケンス

がん分子標的治療 Vol.15 No.1, 35-37, 2017

がんのゲノム医療の推進はprecision medicineの実現にとり重要である。日本においてもさまざまなアプローチで推進プロジェクトが始動している。次世代シーケンサー(NGS)を用いたクリニカルシーケンスが始動しているが,その体制づくりは欧米に比して立ち遅れている。ゲノム医療を日本で均てん化させるために,品質保証や人材育成,そのためのデータベース整備は急務である。クリニカルシーケンスのための人材育成は,クリニカルシーケンスによる測定・解析結果を個々の患者の治療方針決定に資するレポートにするために重要である。それを実施するクリニカルシーケンスチームのmedical directorはメディカルオンコロジストであり,それをmolecular oncologistと呼ぶ。
「KEY WORDS」クリニカルシーケンス,次世代シーケンサー,人材育成,モレキュラーオンコロジスト

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録