<< 検索結果に戻る

GATSBY試験

がん分子標的治療 Vol.14 No.4, 134-136, 2016

トラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)はトラスツズマブに微小管重合阻害薬誘導体であるメイタンシン誘導体1(derivative of maytansine 1;DM1)を結合させた抗体-薬物複合体(antibody-drug conjugate;ADC)製剤で,トラスツズマブとしての効果に加えて,がん細胞に取り込まれたDM1がさらなる抗腫瘍効果を発揮する。この新規抗ヒト上皮成長因子受容体(HER)2薬として開発されたTDM1は,化学療法歴のあるHER2陽性胃がんを対象として施行された第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験であるGATSBY試験において,タキサン系製剤に対する優越性は示されなかった。本稿では,GATSBY試験がネガティブ試験となった理由について考察し,今後のHER2陽性胃がんの治療のあり方について概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録