<< 一覧に戻る

うつ病診療のUpdate アンケート・座談会

ICD-11をめぐって

川嵜弘詔神庭重信松本ちひろ

DEPRESSION JOURNAL Vol.7 No.1, 4-19, 2019

川嵜(司会) 世界保健機関 (WHO) より策定されている「疾病及び関連保健問題の国際統計分類 (ICD)」は,1990年に作成されたICD-10から四半世紀を経て,このほど改訂版となるICD-11が公表され,『精神・行動・神経発達の疾患 (MBND:Mental, Behavioural or Neurodevelopmental Disorders)』パートの内容が明らかにされました.ICDは,疾患の診断コードとして世界的に広く採用されていることから,ICD-11・MBNDパートで示された診断分類コード体系は,今後の精神疾患の診断・治療において重要な意味をもつものと思われます.今回の座談会では,ICD-11・MBNDパートの日本語翻訳を進める,日本精神神経学会・理事長の神庭重信先生と同学会ICD-11フィールドスタディ国内コーディネータの松本ちひろ先生をお招きして,ICD-11・MBNDパートについてうつ病の診断要件を中心にお話をうかがいます.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る