<< 一覧に戻る

身体疾患とうつ病 各種疾患・病態におけるうつ病・気分障害の合併の実情

鉄欠乏性貧血とうつ病

功刀浩

DEPRESSION JOURNAL Vol.6 No.1, 18-19, 2018

現代の食生活は豊かであるという人もいるが,栄養学的にみると必ずしもそうとはいえない.なかでも鉄欠乏は,世界で最も頻度の高い栄養欠乏症である.鉄欠乏は食事からの摂取不足に加えて,月経などの出血によって鉄分を失うことによる.鉄分の欠乏により鉄欠乏性貧血が生じるが,国民健康・栄養調査(2009年)によれば,30~40代女性では,ヘモグロビン(血色素)値が正常値(女性では12g/dL)より低くなる貧血は20%を超える.60歳以上の高齢者では,男性でも貧血(14g/dL未満)の頻度が高い。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る