<< 一覧に戻る

若手ドクターの広場

アルコール依存症の本質

合川勇三

Frontiers in Alcoholism Vol.6 No.2, 55-56, 2018

アルコール依存症とはどんな病気なのだろうか。飲酒がやめられない病気であり,治療目標は断酒であることはわかっている。しかし自助グループの方々に聞くと,断酒するためには「生き方を変えること」が必要だという。アルコール依存症患者やその家族にとって理解しがたいに違いない。「ただ酒を我慢すればいいんじゃないの? 何で生き方の問題になるの?」という疑問がわくのは当然である。生き方を変える必要があると理解するまで時間のかかる患者は多く,ただ「酒をやめなさい」と指導する治療者も多い。今回は,断酒するためにどうして生き方を変える必要があり,臨床家としてどのような心構えが必要なのかについて述べたいと思う。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る