<< 一覧に戻る

Visual View 基礎講座

アルコール依存症の基礎生物学

連載⑧関係嗜癖の心理生物学

廣中直行

Frontiers in Alcoholism Vol.5 No.2, 6-10, 2017

この連載も数を重ねて今回が8回目である。最初の5回は本誌の趣旨に沿ってアルコール依存について考えてきた。その後はいわゆる「行為嗜癖」に話を進め,ギャンブルとインターネットの問題を取り上げた。
よく知られているように,嗜癖の対象を物質,行為,人間関係の3種類とする考えがある。そこで今回は人間関係の問題を考えてみたい。しかし,調べを進めていくうちに,3種類の嗜癖があるというよりも,あらゆる嗜癖問題の根本に人間関係の問題があるように思えてきた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る