<< 一覧に戻る

Visual View 基礎講座

アルコール依存症の基礎生物学

連載⑦インターネット依存の心理生物学

廣中直行

Frontiers in Alcoholism Vol.5 No.1, 6-10, 2017

「やることがなにもない暇なときには朝から晩まで,寝ないで記憶を失うくらい(オンラインゲームを)やっていた」,「休日は睡眠2,3時間,食事を除いた時間はすべてやっていた」(男性22歳,学生)というような状態が「インターネット・ゲーム依存」である。精神科医Ivan Goldbergが1995年にインターネット上で「診断基準」を発表したのがきっかけだが,実はこの「基準」はDSMのパロディであった。しかし,ピッツバーグ大学の臨床心理学者Kimberly Youngはこれにヒントを得て,インターネットの過度の使用を「新しい精神障害」としてアメリカ心理学会に報告した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る