<< 一覧に戻る

Key Message

尿中ペントシジンのELISA測定によるAGEs研究への展開:骨質評価のために

太田博明

WHITE Vol.7 No.2, 61-63, 2019

近年,AGEs架橋のひとつであるペントシジンが,骨折リスクを反映するマーカーとして注目されている.そこで,AGEs研究における尿中ペントシジン測定の役割と期待,研究用試薬として発売されている尿中ペントシジンELISAキットの臨床応用への可能性や,AGEs研究の今後の展望について,本誌編集主幹の太田博明先生に解説いただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る