<< 一覧に戻る

中咽頭癌の新しい治療戦略/頭頸部癌に対する治療完遂のコツとチーム医療の実際/再発転移性頭頸部扁平上皮癌の最新治療戦略

頭頸部癌に対する治療完遂のコツとチーム医療の実際

1 東海大学医学部付属病院における頭頸部癌患者の支持療法

大上研二戎本浩史槇大輔青山真弓三橋力輝斗堀川朝子

頭頸部癌FRONTIER Vol.5 No.1, 17-20, 2017

局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する治療において,多職種が関与した集学的治療が重要であることはいうまでもない。外来,入院における支持療法で癌治療の有害事象対策などの患者サポートは治療完遂率を向上させ,局所制御や長期生存の改善に結びつくものと考えられている。東海大学医学部付属病院では外来から入院への導入,治療開始と外来,化学放射線療法(CRT)あるいはセツキシマブ併用放射線療法 (bioradiotherapy;BRT)へのシームレスな移行を目指して多職種の関与によるチーム医療を試みている。 CRTやBRTを中心に,入院外来での対応について紹介する。
「KEY WORDS」支持療法,化学放射線療法,セツキシマブ,bioradiotherapy,Patient Flow Management

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る