<< 検索結果に戻る

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標

DIABETES UPDATE Vol.5 No.4, 22-27, 2016

日本は現在,超高齢化社会を迎えており,糖尿病患者も確実に高齢化している。糖尿病の治療目標は,健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持と健康な人と変わらない寿命の確保であり,そのためには,血管合併症の制御が重要な課題である。血糖コントロールはこの血管合併症の制御のために必要な治療であるが,加齢とともに出現する様々な症状,疾患が存在する場合には,それらを考慮しながら,血糖コントロール目標を設定することが望まれる。本稿では2016年に発表された「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」についてその目標値の考え方を中心に解説したい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録