<< 一覧に戻る

誌上ディベート

局所進行膵癌に対して有効な治療法とは

③各論を総括して

古瀬純司

膵・胆道癌FRONTIER Vol.6 No.2, 22-23, 2017

がん治療が進む中,膵癌は5年生存割合が5-10%と依然予後不良である。膵癌の進行度別の治療選択において,局所進行膵癌は化学療法単独と化学放射線療法が同じレベルで推奨されているが1),どちらをどのように用いるかコンセンサスは得られていない。局所進行膵癌に対する標準治療の確立には,化学療法と化学放射線療法の位置づけを明らかにし,新たな開発を進めていく必要がある。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る