<< 検索結果に戻る

オピオイド鎮痛薬の問題点とブプレノルフィンへの期待

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.2, 52-59, 2017

近年,がん長期生存者が増え,併存する非がん性慢性疼痛に対するオピオイドの大量使用やchemical copingが問題視されている。また,オピオイドには標準投与量がなく,患者ごとに異なるオピオイド感受性や痛みの強さを考慮して適量を投与しなければならない。しかしながら,実際の疼痛管理において適量の判断は難しく,オピオイドの使用量が適量を超えて中毒量に達し,致死的な有害事象を招く恐れがある。そこで,本稿ではオピオイドの問題点を整理するとともに,慢性疼痛患者に導入しやすいオピオイドの一つであるブプレノルフィンに着目し,その有用性について示す。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録