<< 検索結果に戻る

脊髄損傷における神経障害性疼痛

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.2, 24-28, 2016

脊髄損傷後の神経障害性疼痛は,治療に難渋するケースも多く,患者のQOLを低下させる原因となっている。近年開発された国際脊髄損傷疼痛分類やNeuropathic Pain Symptom Inventory(NPSI)などの評価方法により,神経障害性疼痛の病態が少しずつ明らかになりつつあり,治療に関してもプレガバリンの有効性が報告されている。今後も引き続きエビデンスレベルの高い研究を進め,より詳細に病態を把握することにより,効果的な治療法の開発を行うことが重要である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録