<< 検索結果に戻る

関節リウマチの痛みのコントロール

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 5-13, 2016

関節リウマチ(RA)は一般に40~50歳代に発症することが多いが,わが国が超高齢社会となるに伴って高齢者RAも増えている。しかも,60歳未満で発症したYORAと60歳以降になって発症するEORAに分類され,RAの痛みに対する診断・治療が多様化しているのが現状である。一方,近年,RA治療のアンカードラッグであるMTXの高用量が承認され,従来のDMARDsやTNF阻害剤に加えて生物学的製剤も開発され,また痛みに対してもNSAIDs以外にオピオイド系製剤も市場に供されるようになってきた。そこで今回は,RAならびにRAに合併する疾患の痛みを視点として,「関節リウマチの痛みのコントロール」をテーマに座談会を行った。(2016年1月20日収録)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録