<< 一覧に戻る

Case Study 症例検討

キアリ1型奇形に伴う脊髄空洞症—空洞の形態と疼痛改善の予後予測—

岩波明生戸山芳昭中村雅也

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 32-36, 2013

はじめに
 MRIの普及に伴い,脊髄空洞症と診断される患者の数が近年増加している。諸家の報告にあるとおり,空洞症の早期診断および大後頭孔除圧術(FMD)や空洞クモ膜下腔シャント術(S-Sシャント)法の確立により,術後空洞そのものを縮小することは可能となってきた1,2。しかし実際には,脊髄空洞症患者の症状が必ずしも空洞の縮小によって改善しないことから,治療法は難渋することがある3,4

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る