<< 一覧に戻る

運動器慢性疼痛におけるニューロイメージングの進歩

Locomotive Pain Frontier Vol.2 No.1, 5-12, 2013

近年,脳機能画像医学の目覚ましい進歩により,機能的磁気共鳴画像法(functional magnetic resonance imaging;fMRI)をはじめ,非侵襲的に脳活動を画像化するニューロイメージング技術が発達してきた。疼痛領域においても,ニューロイメージング法を用いた研究に基づく知見が積み重ねられ,運動器慢性疼痛における脳内神経活動の解明が進みつつある。そこで,今回はニューロイメージング研究に取り組まれている先生方にお集まりいただき,「運動器慢性疼痛におけるニューロイメージングの進歩」をテーマに,臨床および基礎研究の現状,ニューロイメージングの臨床的意義,今後の展望について座談会を行った。
(2012年11月15日収録)

記事全文を読む »

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

座談会・対談