<< 一覧に戻る

Column オピオイドを理解する

臨床からみたオピオイドの歴史

井関雅子

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.1, 42-43, 2012

オピオイド鎮痛剤のルーツはアヘンであるが,現在承認されているオピオイド鎮痛剤はアヘンとは全く異なり,安全域も広く,通常は疼痛下における精神依存の発生率は非常に少ないと考えられている。古代より現代に至るまで,鎮痛剤として手術に伴う痛み,がんの痛み,非がんの痛みなど,さまざまな痛みに対して使用されてきた薬剤である。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る