<< 一覧に戻る

Special Article 総説

わが国における運動器慢性疼痛の診療体制―実情と課題―

牛田享宏

Locomotive Pain Frontier Vol.1 No.1, 24-27, 2012

運動器慢性疼痛の頻度は高く,多くの国民のADLやQOLの低下の要因となっている。これらに対してはこれまで「生物医学的な考え方」の下に疼痛部位である局所の治療に重点が置かれてきている。しかし,慢性化した痛みの多くは,心理社会的な背景を有することが多いことがさまざまな調査で明らかになってきている。したがって,今後は「生物心理社会的な考え方」の下に広く・多方面から痛みを分析し,対応するための集学的・学際的な痛みケアユニットなどの充実も必要と考えられる。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る