<< 検索結果に戻る

高齢者の体液調節系の特徴

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.4, 15-19, 2016

高齢者における体液調節系の特徴を一言でいえば“体液量の減少”と“調節予備力の低下”として表現される。腎臓や中枢神経系を含む各種臓器は加齢とともに量的・質的な変化を呈するが,基礎疾患が存在しない場合は後期高齢者においても原発性に水・電解質代謝異常を呈する頻度はそれほど高くない。しかし高血圧,糖尿病,心不全,慢性閉塞性肺疾患(COPD),慢性腎臓病(CKD)などの慢性疾患や,生活習慣・環境に起因する各種栄養障害,高温環境,水分摂取不足・過剰などの負荷が加わった際には,青壮年健常者と比較して容易に恒常性維持機構の破綻をきたす。また,高齢者は多種類の薬剤や健康食品を摂取していることが多く,それらの作用に起因した障害を呈する例にも頻繁に遭遇する。代表的な病態として,脱水,低Na血症,低・高K血症などが挙げられる。
「KEY WORDS」脱水,慢性腎臓病,低Na血症,低K血症,高K血症

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録