<< 検索結果に戻る

腹膜透析施行中の非糖尿病尿毒症患者における低Na血症

Evaluating hyponatremia in non-diabetic uremic patients on peritoneal dialysis. Yan MT, Cheng CJ, Wang HY, et al. Perit Dial Int 36 : 196-204, 2016

Fluid Management Renaissance Vol.6 No.2, 85-86, 2016

「要約」1.背景
低Na血症は罹病率と死亡率に多大な影響のある電解質疾患である。低Na血症では水の過剰もしくはNaの相対的な減少がある。健常人や軽度の腎機能障害患者では水分の調節は抗利尿ホルモンで行われているが,高度の腎不全患者では抗利尿ホルモンの影響は少なく,単に水分の増加が寄与しているとされている。そのため末期腎不全患者,特に腹膜透析患者では低Na血症の成因について研究されていなかった。腹膜透析時の水分の調節には多くの要素があるが,本研究ではバイオインピーダンス(BIA)法により細胞内外体液量を測定し,低Na血症の成因を検討した。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録