<< 一覧に戻る

Selected Papers(循環器領域)

低Na食が高血圧を伴う左室駆出率の保たれた心不全の拡張機能と心室―動脈カップリングを改善する

Low-sodium DASH diet improves diastolic function and ventricular-arterial coupling in hypertensive heart failure with preserved ejection fraction. Hummel SL, Seymour EM, Brook RD, et al. Circ Heart Fail 6: 1165-1171, 2013

大原貴裕

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.4, 62-63, 2014

「要約」本研究では対象として高血圧を伴う左室駆出率(EF)の保たれた心不全(HFpEF)例(EFが50%以上であり,かつEF 40%となった既往がない例)が組み込まれた。HFpEFの診断は2007年のESCのガイドラインに従い,心エコーかカテーテル検査で拡張障害が証明されているか,拡張障害がはっきりしない場合にはBNP 100pg/mL以上であるものとした。ほかの重篤な疾患をもつ患者は除外された。DASH/SRD(the sodium restricted Dietary Approaches to Stop Hypertension diet)食(Na 50mmol(1,150mg)・2,100kcal/日で,かつ除脂肪体重を維持できるカロリーを基本とする)を21日間継続し,その前後で診察時血圧,24時間血圧,非侵襲的な中心血圧測定/収縮末期血圧,心エコー検査を行った。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る