<< 一覧に戻る

特集 治療抵抗性心不全における体液コントロール

(座談会)治療抵抗性心不全における体液コントロール

筒井裕之猪又孝元絹川弘一郎鈴木洋通

Fluid Management Renaissance Vol.3 No.2, 7-14, 2013

重症心不全は心臓病領域において最も治療に難渋する病態の1つである. なかでも内科的治療が無効となる治療抵抗性の重症心不全では, 補助人工心臓や心臓移植などが最終的な選択肢とされてきた. 本座談会では「治療抵抗性心不全」の範囲をより広く捉え, 薬剤による治療選択肢やループ利尿薬の課題を検討するとともに, 水利尿薬トルバプタン, 血液浄化療法, そしてそれらの組み合わせによる体液コントロールの可能性についてディスカッションしていただいた. 筒井 治療抵抗性心不全は, 通常の治療を最大限に行っても改善がみられず, 国内外のガイドラインで末期のステージに位置づけられる病態です. 本日は循環器内科, 腎臓内科からエキスパートの先生方をお招きし, 「治療抵抗性心不全における体液コントロール」をテーマにディスカッションしていきます. 「治療抵抗性心不全の治療選択肢」 筒井 はじめに, 治療抵抗性心不全の病態と治療選択肢, そして利尿薬の課題について, 循環器内科の立場からお伺いします.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る