<< 一覧に戻る

特集 高血圧と体液管理

利尿薬による体液コンパートメントの変化

河原克雅下浜孝郎長沼英明

Fluid Management Renaissance Vol.2 No.4, 42-49, 2012

「Summary」利尿薬は過剰な細胞外液(ECF)を尿として体外に排泄し, 心臓の負荷を軽減する. 循環血漿量の減少はポンプ力の低下した心臓の負荷を軽減し, 心機能を回復させることができる. 同時に, 毛細血管(静脈側)の静水圧が低下するので間質や肺胞からのリターンが増加し, 浮腫や肺水腫が改善される. 一方, 急激なECFの量的減少は電解質組成や浸透圧も変化させるので, 体細胞, 特に脳神経細胞機能に大きく影響する. 利尿薬をその作用機序で分類すると, (1)腎遠位尿細管・集合管のNa再吸収機構を阻害する“Na利尿薬”, (2)近位尿細管のback fluxを増大させる“浸透圧利尿薬”, (3)集合管での水再吸収を阻害する“水利尿薬”に分けられる. 利尿薬の特徴を理解すれば, ECFの量的異常と水電解質組成の異常による病的状態を, 安全・的確に改善させることができる. 「はじめに」ヒト体液の体に占める割合は, 体重の50~80%(重量%)である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る