<< 一覧に戻る

特集 浮腫の鑑別・対処法・メカニズム

(座談会)浮腫をみたら

百村伸一菅原斉石光俊彦安村良男

Fluid Management Renaissance Vol.2 No.3, 9-17, 2012

心不全では心拍出量が低下して体液貯留に伴う浮腫を生じ, 呼吸困難や活動性低下などをきたして患者のQOLを低下させる. 心不全治療において体液貯留の改善は非常に重要であり, 体液貯留と神経体液性因子の関係が報告されている. また, 既存の利尿薬では低Na血症や腎機能低下も問題となる. 本座談会では, 浮腫の病態とその機序, 検査・診断の進め方, 利尿薬による神経体液性因子を賦活化しない治療について, 循環器・腎臓・総合診療の観点から話題をご提供いただいた. 「はじめに」百村 浮腫は心不全や肝硬変, ネフローゼ症候群などのさまざまな疾患が原因となって起こり, 日常臨床ではよく遭遇する所見です. 心不全患者は体液が過剰に貯留した状態にあり, その結果として下肢浮腫や頸静脈怒張, 肺うっ血などをきたします. 浮腫をみたときにいかに正しく診断・評価し, 適切な治療につなげていくかは, 心不全患者の予後に大きく関わる問題といえます.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る