<< 一覧に戻る

Column コラム

骨からたどる日本人の起源

片山一道

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.3, 50-51, 2016

「「骨屋」と呼ばれる稼業」われら人類学者,ことに形質人類学に傾く者は,考古学や歴史学などと,とても縁が深い.解剖学や看護学などの周辺で禄を食む者も少なくない.筆者自身も若かりし頃,しばらく法医学で過ごした.その後は理学部界隈で教育と研究に励んできたが,今でも文学部に出講する.いわゆる理系と文系,そのあいだを行き来する鵺(ぬえ)のごとき存在なのかもしれない.なかでも考古学とは,なまなかならぬ関係がある.そこでは「骨屋」と呼ばれる.この字面は「肉屋」や「魚屋」のようだが,無論,「骨を商いする」「骨を食べさせる」わけではない.もっぱら,骨を「観る」「視る」「診る」「つぶさに調べる」.そんな研究活動に励む.ちなみに京都には,骨屋町なる地名がある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る