<< 一覧に戻る

Appeal to eye

FGF23 第1回 FGF23の同定と機能

Identification and actions of FGF23

福本誠二

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.2, 52-54, 2016

血中電解質濃度が一定の範囲に調節されることは,生命の維持のために必須である.またこのために,腎臓や腸管,骨などの臓器が協調的に作用することが必要である.これらの多様な臓器の機能を変化させる方法のひとつとして,液性因子であるホルモンによる調節がある.2000年から2001年にかけ,低リン血症性疾患の惹起因子として同定された線維芽細胞増殖因子23(fibroblast growth factor 23;FGF23)は,その後の研究によりリン調節ホルモンとして機能することが明らかとなった.本シリーズでは,2回に分けFGF23の生理的意義やFGF23が関与する疾患につき概説する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る