<< 一覧に戻る

Column コラム

人の骨ほどよく売れる―骨格標本ビジネスのタブーなき世界―

長野光

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.6 No.2, 50-51, 2016

人が見向きもしないものを喜んで集める特殊な収集癖をもつ人がいる.米オクラホマ州オクラホマシティ在住のジェイ・ヴィルマレッテはそんな奇妙な収集家のひとりである.子供のころから彼が好んで集めたのは動物の骨だ.自然のなかで白骨化した動物の骨を拾い集めては,その独特の色や形や質感を楽しみ,やがてプラモデルのように骨を組み立て全体像を復元するようになった.鳥類,魚類,爬虫類……,あらゆる動物の骨を集めてはせっせと磨いて組み立てる.ちょっと不気味だが,これも健全な個人の趣味である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る