<< 一覧に戻る

For bone health 骨の健康のために

食品におけるAGEs

山岸昌一

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.2, 47-50, 2015

加齢に伴い生体内蛋白は一様に糖化を受け,臓器障害性の強い終末糖化産物(advanced glycation end products;AGEs)と呼ばれる老化蛋白を形成するに至る1)-5).AGEsの生成,蓄積は酸化ストレスや慢性炎症,高血糖下でも亢進することが知られており,老化のプロセスに深くかかわることが明らかにされてきた.事実,AGEs化した蛋白はその機能が劣化するだけではなく,細胞表面に存在するAGEs受容体(receptor for AGEs;RAGE)によって認識され,酸化ストレスや炎症反応を惹起して,糖尿病性血管合併症や心血管病,骨粗鬆症,アルツハイマー病,癌など,加齢に伴ってリスクが上がってくる疾病の発症・進展に関与することが報告されてきている1)-5).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る