<< 一覧に戻る

For bone health 骨の健康のために

骨粗鬆症リエゾンサービス

OSTEOPOROSIS LIAISON SERVICE

萩野浩

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.4 No.4, 47-50, 2014

「はじめに」骨粗鬆症治療の目的は骨折予防にほかならない.そのためには骨折リスクの高い症例を対象に治療する必要があり,骨密度や骨折の既往に基づいて骨粗鬆症の診断が行われる.しかしながら,今なお,十分な骨粗鬆症の診断・治療が実施されていないのが現状である.なかでも脆弱性骨折例では,その後の骨折防止が不十分であることが指摘されている.そこで,英国を中心に新しい骨粗鬆症治療の試みとして,リエゾンサービスが10年以上前から始められ,世界中に普及しつつある.リエゾンサービスはコーディネーターが中心となって実施するシステムで,効率のよい骨粗鬆症治療,すなわち脆弱性骨折の予防を可能とすることから,わが国でも注目されている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る