<< 一覧に戻る

特別寄稿

わが国でいまだ増加する大腿骨近位部骨折患者の二次骨折予防をどのように実現するか?

―対策が今まで「遅れた10年」を,これから「予防の10年」とする―

髙橋榮明

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.4 No.2, 4-7, 2014

「はじめに」骨粗鬆症に起因する脆弱性骨折である大腿骨近位部骨折の発症頻度は,多数の国で減少に転じているにもかかわらず,わが国では依然として増加している1).この一次予防,二次骨折予防などは単一職種では最早対応ができず,多職種協働(スキルミックス)でのみ実現可能である.その骨折予防のために,どのような専門職人材が必要とされるのか,その専門職が必要とされる場所はどこか,どのような役割が期待されるのか,そして,その場所で容易に活躍できる環境を誰が設定するのかを考えたい.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る