<< 一覧に戻る

Column コラム

骨の形と硬さの秘密

星和人

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.2 No.1, 74-75, 2012

体のなかには200個以上の骨があり, それぞれ, さまざまな大きさと形を有しています. 大腿骨は40cm以上もの長さがあるのに対し, 鼓膜に伝わった音の振動を内耳に伝える耳小骨は数mm程度です. 形状も細長いもの, 扁平なもの, 輪状のものなどさまざまです. このような骨は体軸を構成し体の形状を保つ, 物理的な力を伝達するレバーアームとなるなど, 生活に必要な動作を行ううえで非常に重要な役割を果たします. さらに, 脳や脊髄を収納して衝撃から保護したり, 紫外線に弱い造血組織を中に蓄えるなど, ほかにもさまざまな役割を果たします. これらは, 個々の骨の特徴的な形と, ほかの臓器には決してみられない硬さ(剛性)があるがゆえと思われます. したがって, 「形」と「硬さ」そのものが, まさに骨の機能と考えることができます. 骨の形は複雑ですが, 個体差はあまりなく, 成人では人種や身長, 体重にかかわりなく, ほぼ再現されています.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る