<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

HAND研究は今後どう進むのか ―J-HAND研究を終えて―

岡慎一坂本麻衣子木内英土屋亮人

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.7 No.2, 6-12, 2016

岡:HIV感染症治療の進歩によるHIV感染者およびAIDS患者の長期予後の改善に伴い,HIVによる神経毒性を原因とするHIV関連神経認知障害(HIV-associated neurocognitive disorders;HAND)が注目されています。しかしHANDの全体像はまだ明らかではなく,交絡因子の排除や他疾患との鑑別,スクリーニングのための神経心理検査の統一,HAND治療を含めた抗HIV薬の選択・組み合わせなど,議論すべき課題は山積しています。また,日本ではHANDの実態把握を目的に2014年より開始したJ-HAND研究がこのたび終了し,その結果をふまえて今後のHAND研究の方向性を考えるべき時期を迎えたといえるでしょう。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る