<< 一覧に戻る

Trend & Topics 日本の痛みの今

神経障害性疼痛の疫学と現状

小川節郎

Practice of Pain Management Vol.3 No.2, 26-31, 2012

「はじめに」神経障害性疼痛(neuropathic pain; NeP)は, 刺激や炎症による侵害受容性疼痛とは異なり, NSAIDsに治療抵抗性の疼痛として知られている. 国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain; IASP)では, 「体性感覚系に対する損傷や疾患の直接的結果として生じている疼痛」と定義されているが1), その原因となる疾患や病態は多彩で, 疾患ごとの疫学データは存在しても「神経障害性疼痛」としての研究は少ない. また, 本邦においては, 慢性疼痛の疫学調査はいくつか報告されているが, 神経障害性疼痛の疫学についての報告はなかった. 治療においては, 海外では複数の学会より治療ガイドラインが示されていたが2-4), 本邦では, 昨年ようやく日本ペインクリニック学会より発表されたばかりである5). わが国においても神経障害性疼痛の実態を把握し, 治療体系を構築することは急務である. 本稿においては, 神経障害性疼痛の疫学や実態について国内外の報告を紹介する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る