<< 一覧に戻る

Think about Pain

慢性疼痛と脳 第2回

半場道子

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 38-43, 2011

前号まで
 連載1 1)では,慢性疼痛の謎解きに新しい展望を開きつつある機能的脳画像法を紹介し,研究の実際例として次の2つを示した.

 ①慢性腰背部痛患者のfMRI(functional magnetic resonance imaging)画像2)では,側坐核(腹側線条体)の脳活動が健常者に比して低下していることが特徴としてみられる


 ②女性はestrogen分泌が低いfollicular phase初期には,痛みに対し脆弱であるが,この時期の脳内μ-opioid動態をPET(positron emission tomography)画像3)で調べると,側坐核,腹側淡蒼球,扁桃体におけるopioidの活性が低いことが明らかになった



1 慢性疼痛と辺縁系・大脳基底核

 痛みを経験した誰もが慢性疼痛に転化するわけではない.多くの人は一生のあいだに大小さまざまな痛みを経験するが,適切な治療を受けて痛みが軽減し,やがて何事もなかったかのように静穏な日常生活に戻る.しかし,同程度の外傷で同じ治療を受けたにもかかわらず,一部の人は痛みが軽減しないまま慢性疼痛へ転化してしまう.両者の明暗を分けるものは何か,どこに原因があるのか……これは昔から痛みの謎であった.
 最近,このような慢性疼痛の謎を解く焦点として,辺縁系注1・大脳基底核注2の神経核,ことに側坐核(NAc)や腹側淡蒼球(VP),扁桃体(Amyg)などの機能に注目が集まっている.前号で取り上げたのも,これらに関連する事柄であった.図1にNAc,VP,Amygなどと中脳や橋とのおおまかな位置を示した.連載1では誌面の関係上,神経核の位置や機能的説明は省かざるを得なかったので,前号の記述と照合のうえ,お読みいただければ幸いである.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る