<< 一覧に戻る

Trend & Topics 痛みをとらえる

患者さんを対象とした痛みの評価:最近の話題

牛田享宏新井健一西原真理池本竜則谷口慎一郎上野雄文

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 30-37, 2011

はじめに
 多くの診療科を訪れる患者が“痛みで困っている”,“痛みをとって欲しい”ということを訴え,来院する.これに対してわれわれは痛みの部位にかかわる問診,診察(理学所見)を行い,画像検査などを行っていくこととなる.

はじめに(続き)

近年の画像検査の発展は著しく,医療者も患者も画像異常を重視し,治療方針決定の鍵としていることが多い.画像所見に明らかな異常があってそれが理学所見と一致するような場合はよいのだが,この文章を読んでいる多くの医療者がすでに平素から経験しているように,画像所見で大きな異常があっても痛みがない人もいれば,画像所見で異常がみつけられないにもかかわらず強烈な痛みを訴える方もいる.特に後者の場合,われわれは自分に対しても患者に対しても,どのように説明してよいかわからないため困り,この人ははたして本当にどれくらい痛いのか? と疑念を抱くことになる.このような“痛み”について,国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain;IASP)は1985年に“痛みとは組織の実質的あるいは,潜在的な障害に結びつくか,このような障害を表す言葉を使って述べられる不快な感覚,情動体験である”と定義している.このことは実質的な怪我や病気の有無にかかわらず,患者が本当に“痛い”という感覚を経験すれば“痛み”であるということ,いいかえれば,“痛み”は主観的なものであるということを明確に示しているものである.しかしながら,よりよい治療を考えていくうえで,多くの医師や研究者がこれまでなんとか客観的に痛みを捉えるツールはできないものかと,痛みの評価法の開発に取り組んできているのが現状である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る