<< 一覧に戻る

Trend & Topics 痛みをとらえる

痛みにともなうQOLの評価

紺野慎一

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 26-29, 2011

痛みの評価法―背景にある考え方―
 高齢者は,若年者にくらべて,治療を必要とするほどの腰痛を引き起こすことが明らかに多い1).さらに,本邦の50歳以上で,痛みをともなう変形性膝関節症患者は820万人存在すると推定されている.高齢社会のわが国では,運動器疾患の患者数は今後ますます増加すると考えられる.

痛みの評価法―背景にある考え方―(続き)

さらに,患者の権利意識の向上や高齢者のより高いQOLへの期待から,患者の治療に対する満足度の水準は近年ますます高くなっている.痛みを訴える患者の個人的・社会的背景は1人ひとり異なっている.その結果,患者の個性や価値観の多様化にともない,運動器疾患に対する治療の選択肢は多様にならざるを得ない.医療提供側は,患者個々人に応じた治療法の提示が求められている.しかし,医療提供側にとって,その対応は必ずしも容易ではない.
 近年,運動器の痛みを有する治療対象疾患は,退行性疾患を代表とする慢性期の病態が主体となってきている.これらの疾患群では,全人的なプライマリ・ケアとしての対応と,長期治療体系の構成が医療従事者側に求められる.さらにEBM(Evidence-Based Medicine)を遂行する一手段として,各個人の状態を主観的かつ客観的に評価することが重要であり,そのためには,スコア・システムの導入が必要である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る