<< 一覧に戻る

Trend & Topics 痛みをとらえる

痛みの評価法

―痛みそのものの評価法―

井関雅子

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 18-24, 2011

はじめに
 国際疼痛学会(International Association for the Study of Pain;IASP)では,「痛みとは,他人と共有できない不快な感覚と情動体験である」,と定義されている.したがって,痛みを治療する際には,われわれが患者のもつ痛みを理解することから始めなければならない.そのためには,痛みに関してお互いに共有できる評価の指標が必要とされる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る