<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

骨粗鬆症の痛み

川股知之宮腰尚久山下敏彦

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 6-16, 2011

はじめに
山下(司会) 高齢者人口の増加にともない,骨粗鬆症患者さんの数も非常に増えており,現在は約1000万人にまで及ぶといわれています.これまで骨粗鬆症の治療は,主として骨折予防あるいは寝たきり防止に主眼が置かれてきました.しかし最近になり,骨粗鬆症と痛みの関連性について注目が集まっています.これは,骨粗鬆症患者さんのなかに,腰背部痛を中心とする痛みを有しているケースが非常に多いということ,さらに最近は,骨折をともなわなくても骨粗鬆症自体が痛みを引き起こすのではないかという研究結果が出てきていることが背景にあるかと思います.
 そこで今回は,「骨粗鬆症の痛み」をテーマとして,骨粗鬆症ならびに痛みの臨床と研究に造詣が深い,信州大学麻酔蘇生学講座の川股知之先生,秋田大学整形外科学講座の宮腰尚久先生においでいただきました.川股先生には麻酔科の視点から,宮腰先生には整形外科の視点から,骨粗鬆症と痛みの関連性についてお話をうかがっていきたいと思います.

出席者(写真右から順)
山下 敏彦 Yamashita Toshihiko(司会)
札幌医科大学医学部整形外科学講座教授

宮腰 尚久 Miyakoshi Naohisa
秋田大学大学院医学系研究科
医学専攻機能展開医学系整形外科学講座准教授

川股 知之 Kawamata Tomoyuki
信州大学医学部麻酔蘇生学講座准教授

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る