<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

骨粗鬆症の痛み

川股知之宮腰尚久山下敏彦

Practice of Pain Management Vol.2 No.1, 6-16, 2011

はじめに
山下(司会) 高齢者人口の増加にともない,骨粗鬆症患者さんの数も非常に増えており,現在は約1000万人にまで及ぶといわれています.これまで骨粗鬆症の治療は,主として骨折予防あるいは寝たきり防止に主眼が置かれてきました.しかし最近になり,骨粗鬆症と痛みの関連性について注目が集まっています.これは,骨粗鬆症患者さんのなかに,腰背部痛を中心とする痛みを有しているケースが非常に多いということ,さらに最近は,骨折をともなわなくても骨粗鬆症自体が痛みを引き起こすのではないかという研究結果が出てきていることが背景にあるかと思います.
 そこで今回は,「骨粗鬆症の痛み」をテーマとして,骨粗鬆症ならびに痛みの臨床と研究に造詣が深い,信州大学麻酔蘇生学講座の川股知之先生,秋田大学整形外科学講座の宮腰尚久先生においでいただきました.川股先生には麻酔科の視点から,宮腰先生には整形外科の視点から,骨粗鬆症と痛みの関連性についてお話をうかがっていきたいと思います.

出席者(写真右から順)
山下 敏彦 Yamashita Toshihiko(司会)
札幌医科大学医学部整形外科学講座教授

宮腰 尚久 Miyakoshi Naohisa
秋田大学大学院医学系研究科
医学専攻機能展開医学系整形外科学講座准教授

川股 知之 Kawamata Tomoyuki
信州大学医学部麻酔蘇生学講座准教授

骨粗鬆症患者における痛みの実態

1.腰背部痛の疫学

山下 骨粗鬆症の患者さんには痛みを有している人が多いわけですが,疫学的にどのような報告があるのか宮腰先生からお話しいただきたいと思います.
宮腰 腰背部痛は一般の方でも80%以上が生涯に経験することがあるといわれます.腰背部痛と骨粗鬆症の関係に着目した研究としては,ヨーロッパの一般住民を対象としたEuropean Vertebral Osteoporosis Study(EVOS)という大規模な疫学調査があります.50歳以上の男女それぞれ約7000名を対象としたスタディで,椎体骨折や腰背部痛の頻度が調べられています.結果としては,1個以上の椎体骨折あるいは椎体変形を有する頻度は,男性で11.7%,女性は11.8%でした.
山下 椎体骨折や椎体変形の有無や部位と,腰背部痛の頻度には関係があるのでしょうか.
宮腰 女性のデータをみてみると,椎体変形がない場合で,腰背部痛は約40%の人にあり,過去に腰背部痛を経験した人は約60%でした.一方,椎体変形がある場合で,部位を胸椎と腰椎に分けたデータをみると,胸椎に変形が生じた人の腰背部痛の頻度は42%だったのですが,腰椎に変形が生じた人では51%と頻度が高くなりました.また,過去に腰背部痛を経験した人も胸椎に椎体変形がある人は63%であるのに対し,腰椎に椎体変形がある人は73%と頻度が高くなっているという結果でした.
山下 つまり,腰椎に骨折を認める場合には,より腰背部痛の頻度が高くなるということですね.
宮腰 そうですね.われわれも過去に,秋田大学で外来を初診した骨粗鬆症の女性のQOLや脊柱のアライメントとの関係を調べて報告していますが,そのときのデータを今回再検討し腰背部痛の頻度をみてみました.対象は全例閉経後の骨粗鬆症患者さん174名です.平均年齢は67.6歳で,腰背部痛がある方は91%でした.一般の方に比べて,われわれの病院を受診する患者さんの腰背部痛頻度はさらに高いものと思われます.部位別にも調べてみましたが,やはり腰椎にトラブルがあると腰背部痛の頻度が高くなることが確認できました.
山下 腰背部痛は骨粗鬆症患者さんの主要な症状といってもよいかと思いますが,統計的にも骨粗鬆症患者さんには腰背部痛の頻度が高く,特に腰椎に変形がある方は痛みの頻度が高いことをお示しいただきました.

2.骨粗鬆症の腰背部痛の特徴

山下 骨粗鬆症の患者さんの腰背部痛は,一般的な腰痛などと比べて,どのような痛みの特徴があるのでしょうか.
宮腰 骨粗鬆症の腰背部痛は,まずは骨折が原因にあると思われるため,最初は骨折が起きたときの痛みが考えられます.それは普通の手足の骨折と同じで,いわゆる外傷にともなう痛みなので,急性期であれば自発痛があり,激しい動作時痛もあります.骨粗鬆症の患者さんであっても,急性期の場合には「黙っていてもズキズキと痛い」と訴えていると思います.
山下 ただ,骨粗鬆症における椎体変形や骨折は,外傷歴がなくても起こってくることがあります.
宮腰 そうですね.そのようなケースでは,いつ発症したかが本人にもわからないことが多く,自発痛よりはむしろ動いたときの体動時痛,つまり背筋を反らしたり,前屈みになったりしたときに,「どうも同じ部位が痛い」と訴えていることが多いかと思います.
山下 骨粗鬆症の痛みは,外傷性椎体骨折の急性期には自発痛が主体ですが,脆弱性骨折の場合は体動時痛が特徴だということですね.骨折治癒後の痛みについてはいかがでしょうか.
宮腰 骨折が完治しても後弯変形が残ってしまうと,どうしても背中の凝りや張りがとれない,あるいは背骨の動きが固くなることによって,いろいろな痛みが出てきます.それらの症状は,変形によって椎間関節や背骨の靱帯,筋肉,あるいは筋膜といった,むしろ骨以外の周囲の組織にストレスが加わることによる影響が考えられます.
山下 骨折治癒後にも腰背部痛が残る場合もあるということですね.椎体骨折後に偽関節になるケースもあるかと思います.そういう場合の痛みの特徴についてはいかがでしょうか.
宮腰 程度にもよりますが,偽関節になってしまうと,自発痛は少ないかと思います.しかし,座っていると偽関節の部分が動いて,徐々に潰れてくることがあります.そうなると座っていられない,寝たり起きたりするときに痛いといったことになります.また,神経が圧迫されて麻痺が起きる方もいます.そういったケースでは,初期から進行するにつれ,トラブルが多く出てくるのではないかと思います.
山下 ありがとうございました.宮腰先生からは,骨粗鬆症患者さんが実際にどのような痛みを抱えているのかをお話しいただきました.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る